OVERSEAS REPORT

2 Day Lecture and Workshop in Sydney

Data
2017.08.13
Place
Sydney
write by
佐藤 琢也
酷暑の日本のお盆の時期に、絶好の春の季節を迎えるシドニーに行ってまいりました。シドニーの街は美しく、もちろんこの時期は気候も最高で、緑とモダンと古い建物が調和する魅力的な場所でありました。

そのSydneyのスタディーグループからの招待により、インプラントと歯周形成外科についての2日間のワークショップをClub GPを代表して執り行ってまいりました。実はシドニーでのプログラムは今回が二回目で、前回2015年のOne Dayコースが好評だったため、再度の登壇となりました。今回も、定員一杯に参加者が集まってくれて本当にホッとしました。

場所はDr. Christopher HoのもつCare Dentistryというオフィスで、こちらは建築のコンペティションで金賞を獲得するお洒落で美しいクリニックでした。その中にある研修ルームにてMicroSurgeryに関連する講義と、切開・縫合のデモンストレーション、そして豚下顎骨を用いての抜歯後即時インプラント埋入と歯周形成外科の実習を行いました。

オーストラリアの人たちの受講態度に特徴的なのが、とてもフレンドリー、いや、フレンドリーが過ぎて、インストラクターを普通の友達のように扱うところです。しかし、それは彼らに決して悪気があるわけではなく、私も居心地が悪いわけではなく、わからないものはわからない、素晴らしいテクニックは素直に意思表現してくれるので、かえって私もプログラムを進行しやすかったです。そして、受講生は常に真剣で、私のつたない英語のレクチャーでも寝ている人はもちろんいなくて、受講後にであってもアドレナリンが有り余っているぐらいの快活さです。
今回もとても良い経験をさせていただきました。明るくフレンドリーな受講生とスタッフの皆さんに感謝です。
また近い将来、招待してもらえる日がくればと願っております。